ベランダにウッドデッキを設置しよう

ベランダにウッドデッキを設置しよう

バナー原稿imp

ベランダのウッドデッキについてお話ししたいと思います。

コンクリートのベランダは殺風景な印象を与えてしまいますから、ウッドデッキを設置してみてはいかがでしょうか?

ベランダのウッドデッキは、自然な印象に変えてくれるだけでなく、陽射しを和らげるなどの実用的な効果もあります。

マンションのベランダに設置するときの制約についても調べてみましたので、読んでみてくださいね。

 

ウッドデッキを設置したベランダは、陽射しを和らげ、味気ないコンクリートの空間を、優しさを与えてくれる癒し空間に変えてくれます。

ただし、賃貸・分譲に関わらず、マンションのベランダにウッドデッキを設置するには様々な制約があり、「避難路の確保」や「落下物の回避を目的とした規約」に従わなければなりません。
ウッドデッキをマンションのベランダに設置するには、計画を進める前に、管理組合や管理会社の許可を取るようにしましょう。
また、「元通りに復元できること」という条件の所が多く、簡単に取りはずすことが出来て、本来の機能を妨げないことが必須条件になりますから、大きなものを置くことは難しいと思われます。

ベランダにウッドデッキを設置する場合、排水のための傾斜や排水溝など、ベランダ特有の問題をどのように解決していくかがポイントになります。
正確に設置しないと、ズレやガタつきが生じて騒音の原因になりますし、排水機能を損なって泥やゴミが堆積したり、虫が発生するなどして、近隣に迷惑をかけることになってしまいます。
ベランダにウッドデッキを設置するには、設計図を作り、信頼のおけう専門業者にアドバイスを求めるのが確かな方法だと思います。

ベランダ用のウッドデッキとして、敷き詰めるだけの「パネルタイプ」が人気となっていますが、強風のためにパネルがめくれたり、パネルの間に隙間や段差が生じ、足の指をはさむ、爪がはがれるなどのケガを引き起こすことがあります。
パネルタイプのウッドデッキを選ぶ際は、性能や工法を十分に確認し、安全性に重点をおいて選ぶことが大切です。

 

無機質なコンクリートは冷たい印象を受けますが、ウッドデッキなら“木”のぬくもりが感じられて、癒し効果も期待できます。
マンションのベランダに設置する場合は、避難路や排水の問題を事前に解決しておくことが大切ですね。
手軽なパネルタイプを利用するときは、せっかく用意したウッドデッキでケガをしてしまわないように、安全性を第一に、慎重に選ぶようにしましょう。

★★★
<<前エントリ