剪定の方法

剪定の方法

バナー原稿imp

剪定方法についてお話ししていきたいと思います。

剪定は、植物の生長を助け、美観を保つために欠かせない作業ですが、剪定を要する枝の種類によって、方法が違ってきます。

どのような枝に剪定が必要なのか、また、どんな剪定方法があるのか、詳しく調べてみましたので、どうぞ読んでみてください。
樹木の手入れのお役に立つことができれば幸いに思います。

 

樹木の生育を助けるため、または鑑賞や実用の目的をもって樹木の枝葉を切り落とし、樹形を整える技法を「剪定」と言います。
「剪定」は、マニュアルを読んだ程度ですぐにマスターできるような単純作業ではありませんので、樹木のことをよく理解して、基本から段階を追って覚えていきましょう。

 

「剪定」を要する枝の種類は次に挙げるものがあります。

ヤゴ
根元、または根元に近い根か発生する枝で、樹木の養分を奪ってしまいます。

幹(胴)ぶき
衰えた樹木の幹から発生する小枝のことです。

からみ枝
他の枝に絡みついて、美観を損ねている枝のことです。

徒長枝
大きく伸びているが、弱っていて、養分を取りすぎてしまう枝です。

逆さ枝
全体から見て逆の方向に伸び、樹形を乱している枝です。

ふところ枝
ほかの枝の内側にある、小さくて弱い枝です。

このほかにも、枯れ枝や病気の枝、密集しすぎた部分なども剪定によって取り除きます。

 

枝の種類によって剪定方法が変わります。

 

■切詰剪定
伸びすぎた枝を、所定の位置まで切り詰める剪定方法です。
残す部分が長すぎると、残した部分が枯死するので注意が必要です。

 

■枝抜き、枝下ろし
込み入った部分を間引きして、枝の密度を調整する剪定方法です。
(枝抜き…からみ枝、逆さ枝など、部分的に切り落とす方法、枝下ろし…幹の根元から、大枝を切り落とす方法)

 

樹木の種類によって、方法や剪定時期が異なりますから、それぞれに適した方法と時期を調べておく必要があります。
樹木の生長に欠かせない剪定ですが、例外として、切り口の治りが遅く、枯れやすい桜だけは、よほどのことがない限り剪定は行いません。

「剪定」には深い知識と経験が必要ですので、樹木のことをよく知り、基本からしっかりと覚えていきましょう。

 

剪定は、「植物の生長を助けるために枝を切り落とす作業」ですから、そこから考えていくと、剪定を要する枝は自然にわかってきますね。
基本をしっかりと押さえたら、あとは植物をよく観察して、経験を積んでいくことです。
ちゃんとした剪定を行うと、植物はきれいな花を咲かせ、果実を実らせるというかたちで応えてくれます。
それぞれの植物に合った方法で、剪定してあげましょう。

★★★
次エントリ>>