柿の木の剪定について

柿の木の剪定について

バナー原稿imp

柿の剪定についてお話ししたいと思います。

柿の生長の遅さは、「桃栗3年柿8年」という言葉にも表れていますが、上手に剪定を行わないと、実の付け方に大きな差が出てくる植物ですので、正しい剪定を行う必要があります。

収穫が終わってから剪定を行いますが、柿の木は滑りやすく、折れやすいので、木に足をかけるときは注意しましょう。

 

「桃栗3年柿8年」と言われているように、柿は生長が遅いのですが、高木になりやすい特徴があります。

柿の剪定は、はじめのうちは、日当たりを良くするために込み入った部分を間引く程度にしておきます。
毎年、たくさんの実を収穫するのは難しいと言われる柿ですが、気長に付き合いながら、じっくりと剪定するようにしましょう。

柿の収穫時期は9月から11月下旬ですから、剪定は12月から3月にかけて行いますが、高木性の柿を限られた空間で栽培するためには、注意深い剪定が必要になります。
風通しと日当たりを良くするために、込み入った枝や弱った枝、下向きや内側に伸びた枝を切り取って、高さを抑えるために上向きに勢い良く伸びている枝を切り詰めます。

柿には、前年に切り落とし、その先端から伸びた枝についた花芽に実をつけるという特徴があります。
「柿を収穫するときには枝ごと切ると良い」と言われるのは、この方法だと剪定をかねた収穫ができるからなのですね。
ただ、切り方を誤ると次の年に実がつかなくなってしまうので、細心の注意が必要です。

柿はたいへん樹勢が強い木ですし、枝も立ちやすいので、風通しや日当たりを良くするために、樹冠が込み合っているようなら剪定してあげましょう。
夏のうちに、込み合った枝や実をつけない枝を切り落としておくと、実りの多い収穫時期を迎えることができることでしょう。

 

たわわに実をつけた柿の木は、見た目にも美しいものです。
あらためて柿を見てみると、専門的に手入れをしている果樹園の柿と、山に自生している柿とでは、実の成り方にずいぶん違いがあるようですね。

筆者の住んでいる地域には、柿を全て収穫しないで、少し木に残しておく習慣があります。
冬の食料の少ない時期に、野鳥が喜んで食べに来ているようですから、ずっと続けていきたい習慣です。

★★★
<<前エントリ | 次エントリ>>