パーゴラってどんなもの?

パーゴラってどんなもの?

バナー原稿imp

パーゴラについてお話ししたいと思います。

パーゴラとは、つる性の植物をからませて使う木材などを組んで作った棚のことなのですが、日本では、あまり馴染みのない言葉ですね。
公園にある藤棚や、ブドウ園の様子を思い浮かべてもらうと分かりやすいと思います。

「パーゴラとは何か?」、さらに詳しく調べてみましたので、ぜひ読んでみてください。

 

イタリア語の「葡萄棚」を語源とする「パーゴラ」は、日本ではまだ馴染みのない言葉かもしれませんね。
「パーゴラ」とは、人が下を通り抜けられるようにした棚のことで、日本の「藤棚」をイメージすると、分かりやすいと思います。

「パーゴラ」は、木材などで組んである棚で、住宅の軒先や庭に設置しますが、ベランダやウッドデッキの屋根として取り付けることもあります。
ウッドタイプや、銅などの金属でできているタイプがあり、藤、ブドウ、クレマチス、モッコウバラなどの“ツル性植物”をからませて使用します。

「パーゴラ」は、家の洒落た演出にもなりますが、家に入り込む直射日光をやわらげたり、強風を防ぐなど、日常生活にも役立つ面があります。
また、日本のように狭い所では、隣り合った家同士、または道路からの視線を自然にさえぎる目隠しにもなります。

庭の入り口などに取り付けるアーチ型のパーゴラを「アーチ型パーゴラ」と呼びますが、最近では、「アーチ型パーゴラ」のデザインが豊富になってきて、中には、ツル性バラの特質をいかした美しい「バラ専用パーゴラ」もあります。

これらは、ホームセンターのガーデンコーナーなどで手軽に購入することができますから、一度、お店に行ってお気に入りを探してみてください。
「緑廊」とも呼ばれる奥行きのあるゲートタイプなら、夢のような空間をつくりあげてくれることでしょう。

 

子供の頃、旅行先の植物園で、はじめて「緑廊」を見ました。
淡いピンク色のバラに包まれた「緑廊」を通ったとき、おとぎ話の世界にまぎれこんだような、不思議な感覚になったことを覚えています。
それだけ幻想的で、美しい景観だったんですね。
パーゴラには、美しさだけでなく、実用的な面もあることがわかりました。
面積の狭い日本では、自然な目隠しとしても効果的なんですね。

★★★
次エントリ>>