花壇の作りの基本

花壇の作りの基本

バナー原稿imp

美しく咲いた花々は、私たちの心を和ませてくれます。

ここでは、花壇の作り方についてお話ししたいと思います。
花壇の作り方には多くの種類がありますが、全ての花壇の基本となるのは「良い土」をつくることです。

花壇の種類や基本について調べてみましたので、ぜひ、読んでみてください。
花壇の作り方の基本からマスターして、季節ごとに美しい花々を楽しんでくださいね。

 

季節ごとにさまざまな花が咲きほこる花壇は、私たちの目を楽しませ、心を癒してくれますね。

花壇の種類には、背の低い芝桜のような植物を植え込んで、花のじゅうたんを敷きつめたような毛氈花壇(もうせんかだん)や、幾何学模様にデザインされた整形式庭園によく見られる花壇、沈床花壇(ちんしょうかだん)などがあります。
自宅の庭で楽しむ花壇としては、好みの花を集めた寄せ植え花壇や、塀やフェンスに沿って花を植えるボーダー花壇などが作りやすいでしょう。

「部屋から見えるところに花壇を作りたい」「季節ごとに花を楽しむ花壇にしたい」「好きな色の花を集めた花壇にしたい」など、花壇のデザインを考えるひとときも、花壇作りの楽しみですね。

 

植物には数えきれないほどの種類があり、それぞれに適したお手入れの方法があります。
植物を育てるには土が必要ですから、花壇作りの基本は、土作りからスタートします。

まず、スコップの先の部分が全部土中に入る深さまでしっかりと掘り返す「天地返し」という作業を行ないます。
石などの異物を取り除いてから肥料を加え、もう一度土を掘り返して、植物が根のばして生長しやすいようにしてあげましょう。

植物を丈夫に、健康に育てるために肥料は大切なものですが、ただ肥料を与えれば良いというわけではありません。
与える時期を考え、目的にあった肥料を選ぶことがポイントです。

最後になりましたが、たとえ「虫は苦手」という人でも、害虫対策を怠ってはいけません。
観察を忘れずに、害虫を見つけたらすみやかに駆除をして、きれいな花壇を守りましょう。

 

公園で見られるような見渡すかぎりの芝桜も見事ですが、庭に花壇を作って自分の好きな花を育てるのも楽しいですよね。
花壇を作って花を楽しむなら害虫対策は欠かせない作業ですから、苦手な人にとっては大変かもしれませんが、こまめに手入れしてください。
ミミズが苦手な人も多いと思いますが、ミミズが棲める土は「良い土」ですから、良い花壇になると思いますよ。

★★★
次エントリ>>