液体肥料とその使い方

液体肥料とその使い方

バナー原稿imp

植物の生長にとって、肥料はとても大切なものです。
肥料は、大きく分けると固形肥料と液体肥料に分けられますが、ここでは、液体肥料についてお話ししたいと思います。

液体肥料の特徴は、何千倍にも水で薄めて使用することから、植物が吸収しやすく、即効性があることですが、持続性がないという一面もあります。

液体肥料の上手な使い方やポイントを調べてみましたので、ぜひ、読んでみてくださいね。

 

「液体肥料」とは、液体、または固形肥料を水に溶かして使用する肥料のことです。
「水肥」とも呼ばれていて、広範囲でも撒きやすいので、ゴルフ場の芝生に与える肥料としてもよく使われているようです。

固形肥料との違いは、肥料が水に溶けていることから速効性があることで、栄養がたくさん必要な開花時期などに与えることができる肥料です。

その即効性から追肥として使われることが多いのですが、効果が持続するのは10~14日間と短期間なので、間隔をおいて何度も与えるか、緩効性の肥料と併用しないと、肥料切れを起こしてしまうので注意してください。

「液体肥料」は濃度調整が簡単にできるので、広い庭や畑などに均一に追肥ができますし、水やりを兼ねることもできます。

ほとんどの「液体肥料」は1000~2000倍に薄めて使いますが、濃度が濃すぎると、根腐れや肥料焼けの原因になりますので、適度に薄めた液体肥料を、数回に分けて与えるようにしましょう。薄め方は肥料の説明書きに記載されていると思いますので、よく読んで、分量や使用方法を守って使うようにしましょう。
「液体肥料」は根から吸収されますので、根が弱っている等の理由でうまく吸収できない場合がありますが、そういう場合は、霧吹き等を使って植物に散布するという方法もあります。

もし、液体肥料を作りすぎてしまったら、藻類の発生を防ぐために、日のあたらない場所で保管するようにしましょう。
ですが、作った分はその都度使い切るようにした方が良いですよ。

 

水で薄めて簡単に肥料を与えることができる液体肥料は、「即効性はあるけれど持続性がない」ことが特徴ですから、間隔をおいて定期的に与えるか、緩効性のある肥料と組み合わせて使用するのがポイントですね。
かなり薄めて使用するようになっているので、ついつい濃いめに作ってしまいそうですが、濃すぎる液体肥料はかえって植物を弱らせてしまいますから要注意ですよ。

バナー原稿 468×60 (120329)imp

★★★
<<前エントリ | 次エントリ>>